fc2ブログ

「カルドセプト全般」
カルドセプト3DS

カルドセプト3DSカード考察3

 ←【ニコニコ動画】【実況】ザゴル縛りでカルドセプトセカンドExをやってみた 第8話 →【実況】ザゴル縛りでカルドセプトセカンドExをやってみた 第9話
たまりにたまった、新しく公式サイトで発表された3DS版カルドセプトに登場するカードを考察をしてみましょう。
前回はコチラ
特に記述がなければ、セカンドExと比較しています。

無属性アイコン小 クレリック 50G ST10 HP30 
援護:即死[無属性アイコン小]


即死の確率が80%から100%に強化され、コストも5G削減された聖職者。
クレリックがクレリックを成仏できるのはご愛嬌。
コロッサス、ギアー、後述のレッドキャップを粉砕するのに活躍するでしょう。

無属性アイコン小 ボージェス 50G ST30 HP30 
応援[無属性アイコン小・+20]


据え置き能力の無属性クリの守護神。
今回はSTが高めのクリーチャーが増えそうなのとクレリックが即死100%に変更されたので、ピースで守るのは必須か。

無属性アイコン小 ニンジャ 80G ST40 HP40 
先制:巻物強打[全]


巻物の使用も得意な定番のエースアタッカーで先制なので守りもそこそここなせるクリーチャー。
ブーメラン(ST+20 HP+10 手札復帰)と組み合わせての序盤での制圧力は脅威。

無属性アイコン小 レッドキャップ 50G+生贄アイコン小 ST30 HP30
戦闘中、ST&HP=(配置されている”ゴブリン”の数×20):応援[全ての”ゴブリン”・ST+20]


サーガから参戦のゴブリンの頂点に立つゴブリンロード。通称赤帽。
HP&STからSTのみの応援に変更。シルバーアイドル(防衛クリーチャーに先制を付与するアイドル)とは相性が良さそう。
戦闘中の変動値自体は、ゴブリン✕20のままだから、デモトレは果たしてあるのか?
個人的には、HP&ST+ゴブリンの数×10の変動値でもよかったと思う。
赤帽自体に生贄コストが追加されたし、デモトレを撃ったあと赤帽をぶつける余裕があるかは悩ましいところ(ブラスを配置していれば余裕だと思うけど)。
デモトレが収録されていたとしても、弱体化されてる(全ゴブリンから所有ゴブリンの数に変更、獲得魔力の減少etc...)のは必死でしょう。

火属性アイコン小 カトブレパス 80G+火属性アイコン小 ST30 HP50 巻物不可アイコン小
攻撃成功時、対戦相手に毒の単体呪いスペルアイコン小効果を付ける:雪辱[戦闘が行われた領地のレベルを1下げる]


微妙なクリーチャー(ST 20 HP50 アイテムを使用しない場合、戦闘終了時相手に基本STと同値のダメージを与える)から、ケット・シーが裸足で逃げ出すトップクラスの侵略クリーチャーに一気に昇格。
バジリスクと同じように使うことができる反面。領地防衛には適さないのには注意。

水属性アイコン小 ファンゴノイド 60G ST30 HP40 巻物不可アイコン小
戦闘終了時、MHP+10(最大100):再生


再生能力を得たきのこ人間。
普通に配置するだけでは並のクリーチャなのでひと工夫が必要。
相手の領地に侵略してHPを増やしたうえで配置できるのがベスト。
相手の削り侵略を完全に封殺できるのが素晴らしいクリーチャー。

地属性アイコン小 スピットコブラ 70G ST40 HP40 巻物不可アイコン小
領地[10G・対象クリーチャーに毒の単体呪いスペルアイコン小効果を付ける]


クリーチャーの呪いの除去用にセカンドExでは良くお世話になってました。
領地能力のコストは0Gから10Gにアップしたものの、毒が強化されたので(関連記事はこちら)見かける事が多いかも。今回味方のクリーチャーの呪いの上書き目的では若干使いづらくなったかな。

地属性アイコン小 ジャッカロープ 40G ST20 HP30 巻物不可アイコン小
援護:スペルで破壊された場合、”ハンババ”に変身する


焼きブックへのメタでありながら、焼きブックにも入れられる安価なばらまき用クリーチャー。
援護も使えるし配置制限も無いし、地属性ブックだと4枚入れてもいいんじゃないかというほど高性能。
この説明文からだと、領地能力で破壊された場合に適用されるのかが若干気になります。

地属性アイコン小 ハンババ 60G+地属性アイコン小生贄アイコン小 ST50 HP40 風属性土地不可アイコン小
攻撃成功時、対戦相手に毒の単体呪いスペルアイコン小効果を付ける:応援[風属性アイコン小・ST‐10]


セカンドExだとほとんど見る機会がなかったクリーチャーだけど、今回はジャッカロープからの変身で見る機会が増えるのか?
ST50で毒付与の侵略力が脅威的なクリーチャーです。
素で使用するには、やはり生贄と配置制限がネック。

風属性アイコン小 ガン=ジイ 70G+風属性アイコン小 ST30 HP40
戦闘終了時、対戦相手に”シニリティ”の単体呪いスペルアイコン小効果を付ける:無効化[巻物攻撃]


敵を破壊するのに2回戦闘する必要があるのと自身が一度生き残らなければならないので、
シニリティ付与はおまけと考えていいかも。
ただカードラインナップしだいでは化ける可能性も十分あるし、STが無いクリーチャーにとっては脅威。
使い勝手としては、領地コストが必要なのがネック。巻物無効に活路を見出すのが吉か?

道具アイコン小 ウィングブーツ 20G
先制:アイテム破壊と盗みの効果を受けない:復帰[ブック]


セカンド(復帰[ブック])とDS版(アイテム破壊と盗みの効果を受けない)の能力が合わさった今回のウィングブーツ。
正直ブックに復帰の能力は必要ない気が…
カードが揃っていないストーリーでは、お世話になるでしょう。

道具アイコン小 ウィンドアムル 30G
ST+10:HP+20:風属性アイコン小クリーチャーが使用した場合、強打[全]:敵破壊時、MHP+10(最大100)


HPの+値が10アップした風クリーチャー用のアムル
モスマンに使わせたい一枚。

道具アイコン小 プロテウスリング 0G
使用クリーチャーはランダムな別のクリーチャーに変身する:アイテム破壊と盗みの効果を受けない


アイテム破壊と盗みの効果を受けない能力が付いて、ますますネタ度がアップした、ある意味最強の攻撃兼防御アイテム。
こういうカードは嫌いじゃない!!
相手の計算を狂わせるのに切り札でしのばせるのもアリかも(自分の計算も狂うけど)。

防具アイコン小 カウンターシールド 100G
ST=0:反射[通常攻撃]


今まで道具だったカウンターアムルが防具であるカウンターシールドに変更か?
防御にも攻撃にも使える汎用性の高い強力なアイテム。
反射に雪辱が発動するか否かが気になるところ。
レイオブロウ(全てのセプターのコストが100G以上のカードを破壊する)で割ってやんよ。
(関連記事はこちら)

複数呪いスペルアイコン小 ティラニー 100G+生贄アイコン小
対象エリアのMHP30以下のクリーチャーにマヒの単体呪いスペルアイコン小効果を付ける


MHP30以下に問答無用でマヒを付与する強力スペル。
ジャッカやオドラデグを焼けるようになるので、これらを入れない焼きブックには必須なスペルになる気がしますハンド消費がものすごくなるんで無いな。
また、アイドルやボージェスも封殺できて、なかなか利便性は高いかも。
ティラニーからのテング特攻や、
防魔クリーチャーをマヒらせて呪いを上書き(シミュラクラム、)するのはロマン。
対策としては、MHPが40以上のクリを使うか、全体呪いスペルを入れるのが手っ取り早いか。

ティラニー含め、今までのカードラインナップがMHP30以下へのメタが多過ぎなんですが、
毒が強力になったのを考慮したら、プレイグはもしかしたらティラニーと相反してMHP40以上に付与するスペルになっているのかもと予想してるんですがどうなんでしょうか?

単体呪いスペルアイコン小 グリード 20G
対象の領地の通行料は1.5倍になる:カードを一枚引く


キャントリップ(カードドロー)が付いたロマンあふれるスペル。
序盤の手持ちぶさたに、適当な属性のあってない敵領地に撃ちこむのもあり。

単体呪いスペルアイコン小 シニリティ 100G
対象クリーチャーは戦闘終了時、破壊される


いままでと特に変更点なし。
まあ、テングと組み合わせたら強いよねっていう。

単体瞬間スペルアイコン小 ランドドレイン 50G
使用者は、対象敵セプターから、そのセプターの所有する領地数×30Gの魔力を奪う


サーガにもあったスペル。デモトレ(あるのか?)用のメタカード。
同盟戦だと吸い取り額がすごそう。
吸ってアイテムを使用不可にするのもよし、ただ吸いすぎて天然ラントラされるのには注意。
ドレマジみたいに抑制力(現金輸送)がないものの、
吸い取り額が、ランドレ土地一つ=ドレマジの手持ち魔力100G分
と考えると、割かし有用なスペル。

単体瞬間スペルアイコン小 ブラックスミス 50G
対象セプターの手札からカードを1枚選び、ランダムな武器か防具に変える


ほぼ相手に撃つ事が前提なスペル。
シャッターとの違いはクリーチャーも破壊できる点(その分コストが重く、相手にアイテムが渡る)。
スクイーズとの違いは魔力ではなくアイテムが相手に渡る点。
汎用性は高く、相手にとってはかなり厄介なカードになるでしょう。

自分に撃つ場合は、実質50G+生贄アイコン小なのが厳しいところ。
武器か防具かどちらか選べたらまだ
ラスト(対戦相手のアイテムを全て破壊する)対策とかに使えなくもないけど…


今回紹介した新カードの中では、カトブレパス、ジャッカロープ、ランドドレイン(サーガ未プレイなので)あたりが面白そうなカードだと思いました。
とまあ一気にかけあしでカード紹介をしましたが、やっぱマメに更新しとかないとダメですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
次回からはちょこちょこ考察の記事を書いていきたいと思います(笑)


 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png カルドセプト全般
総もくじ 3kaku_s_L.png カルドセプト全般
もくじ  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

NoTitle 

ウィングブーツのブックに復帰は邪魔ですよねwDS版のほうが好きです。

私はガン=ジィを同盟戦で使ってみたいですね。

Re: NoTitle 

ウィングブーツは使いどころが難しいですよね。
またブックから引くのは、ほぼデメリットだし。
それこそ、流行りのキャントリップでも良かったかもしれないですね。

ガン=ジイに関しては、
確かに同盟戦だと領地コストが確保しやすくなるし、シニリティで領地を落とす隙も減るし、おもしろそうですね。
2回の戦闘で落とすって点だと、毒なんかも同盟戦で相性がよさそうですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[【ニコニコ動画】【実況】ザゴル縛りでカルドセプトセカンドExをやってみた 第8話]へ [【実況】ザゴル縛りでカルドセプトセカンドExをやってみた 第9話]へ